借金に関しての支払い方法というものは

借金に関しての支払い方法というものは、クレジットカード会社各個でへだたりというものがあり、いろいな方式が取り入れられてます。

類型的なところではスライド法やリボルディング方法が取り入れられているようです。

そしてこういう誰しもがわかっているリボですが、実を言うと算出法にいろいな方式があります。

よって其の形式により引き落し合計額が変わってしまうわけですので知ることで損なことはないはずです。

じゃあ理解しやすくそれぞれの方法の相違を説明しましょう。

一つは元金均等払いというものでその次は元利均等払いです。

これらはその名のとおり、元金を均分に払っていくというものと、元金と利率に関して全部で一様に返済していく方式です。

このケースではもし10万円借りたと設定して実際問題としてどのような勘定をするかみてみましょう。

利回りに関してはどちらも15%と仮定して計算します。

それとリボルディングについての返済を1万円として計算します。

最初に元金均等払いのほうからです。

こういう時の初回の支払いに関しては1万円に対して金利分の1250円を加算した返済になります。

2回目の返済に関しては1万円へ金利1125円を合計した引き落としになるのです。

こういったようにして10回分で返済を終わらせるという方式になります。

これに対して元利均等払いとははじめの支払いについては1万円ですがそこから元金に8750円金利へ1250円と言うように分配します。

その次の支払は元金が8750円減った状態で利子を計算しその1万円から更に分配するのです。

詰まるところ元利均等払いの事例では10回で支払いが完済しないという算定になるのです。

たったこれだけのへだたりで二方がどのように相違してるのかがたっぷりと分かって頂けたことかと思います。

元利均等は元金均等に比較して元が減るのが緩慢という短所というのがあったりするのです。

要するに利子を余計に返済するというような状態になるわけです。

一方で最初の返済が些少な額で落着するといった強みも存在したりするのです。

斯様な返済形式に関しての差異に呼応して返済トータルというものは違ってきますので自身の嗜好に合致した使用法を取るようにしましょう。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.highestpotentialself.com All Rights Reserved.